”のんびり一人旅” 

北海道09

                    恵山        
2014-09-01 (月) 9日目 天候:晴れ
 ■ 本日の訪問地 
   1 恵山登山
    +(タイヤパンク発生)

―出発――到着―走行距離
宿泊地道の駅
なとわ・えさん
函館
立待岬P
距離(km)11236011242363
電圧(v)12.4

今日は長いブログになってしまいました。
北海道地図9-1 

起きてみると、上空はどんより厚い雲
しかし、恵山(えさん)(右奥の山)は雲をかぶってない。
P1090005-1024.jpg 

太陽の光が 海上の一点のみ照らされていてUFOでも降りてきそうでした
P1090011-1024.jpg 

時間が経つに連れて、青空が広がってくる。 コレはいい感じだぞ!
P1090016-1024.jpg P1090021-1024.jpg 

と、出発するとまもなく 雲が山頂を覆い始めてしまった。
P1090025-1024.jpg 

登山口近くの展望台へ寄ってみる。 上空は完全に雲に覆われてしまった
P1090037-1024.jpg 

登山口到着
P1090043-1024.jpg 

P1090044-s-1024.jpg 

今日は天気予報は悪くないし、そのうち晴れてくるだろうと歩き始める
P1090050-1024.jpg 
P1090055-1024.jpg 

今にも落ちてきそうな岩の迫力。 実際に登山道に大きな岩が落ちている場所もありました
P1090059-1024.jpg 

なんか面白い動物の顔のような岩 発見。 角度を変えてもそれなりに見える
P1090061s-1024.jpg P1090062-1024.jpg 

後ろを振り返ると、岩山(この写真の左側)の反対側は一面の美しい緑です
中央の山が海向山。 登山口は恵山と同じで、反対へ進むと海向山へ行ける
P1090067-1024.jpg 

ここまではほぼ平坦路。 ここからが恵山への登りになる
P1090069-1024.jpg 

しばらく登って振り返ると、が見える。 まだ空は曇り空。
しかし、空気はカラッとしていて気持ちいい
P1090076-1024.jpg 

噴火口。 今も白い煙が上がっています。 ときどき硫黄臭い風がやってきます
P1090080-1024.jpg 

この山は 進むたたびにいろいろな表情の風景が次から次へと現れて実に楽しい
P1090088-1024.jpg 

海あり、緑有り、ゴツゴツの火山あり。 
P1090101-1024.jpg 

岩の芸術
P1090108-1024.jpg 

登っている最中はずっと視界が開けているので、全く登りが苦にならない
景色を見る為にしょっちゅう立ち止まるのと、少し登ると平坦な部分が続き、また登るという工程が疲れを感じさせないのだろう
P1090110-1024.jpg 

ここにはゴジラの出来損ないやら、いろんな動物が隠れています。
それを探しながら歩くのも楽しい
P1090124-1024.jpg 

通常は山頂まで早くつかないかなっと、思いながら歩くものだが、この山はまだ頂上は先にあって欲しいとすら思えてしまう。
が、目の前に山頂が見えてきてしまいました。
P1090128-1024.jpg 

山頂到着  8時出発 10時20分頂上。 
 (実際は案内地図には頂上まで1時間と書いてあるレベルの山である)
P1090135-1024.jpg 

なにはともあれ、まずは 一人撮影会
P1090136-1024.jpg 

昨日 泊まった道の駅 なとわ・えさんは湾の奥あたり。
P1090137-1024.jpg 

山頂は360度展望。 海(180度) 火山(90度) 緑(90度)ってな感じかな。
おにぎりも通常の2倍うまく感じる。
風も爽やか、気温も適温。 半袖でいい感じ。
P1090180-1024.jpg 

山頂は広々していてゆったりできる。 ラーメンセットを持ってくればよかったなぁ
P1090179-1024.jpg 

1時間ほどゆっくりして下山を始める。 11:50
P1090190-1024.jpg 

片目を失ったインベーダー発見
P1090199-1024.jpg 

時間が経つにつれて天気はどんどん良くなってきました
右下の小山に岬展望台があるので、そこまで足を伸ばして見ることにした
P1090201-1024.jpg 

ここは山に囲まれているので、何百年後には湿地帯になっているかもしれないなぁ
あとで聞いたが、先に登った方が、右側の尾根を歩いて駐車場に戻ったそうだが、途中で道はなくなり、藪をかき分け戻ってきたそうですのでご注意を。
P1090204-1024.jpg 

岬展望台到着
P1090217-1024.jpg 

駐車場まで戻る途中に、モデルさんの撮影をしていました。
聞いてみるとカメラ雑誌用とのことでした。
断って一枚撮らせてもらいました。 
さすがモデル。やっぱり足が異常なくらい長いですねぇ。
P1090232-1024.jpg P1090233s-1024.jpg 

山頂から岬展望台を廻って、2時間位。 スタスタ歩けば1時間ほどで来れるでしょう。
P1090244-1024.jpg 

石さんへ
 函館へ行く予定であれば、是非 足を伸ばして恵山を楽しんではいかがでしょう
海、緑、ゴツゴツの火山。 こんなに表情に富んだ山だとは思っていませんでした。 
超お勧めです。 

登山口から下へ降りる途中の温泉で汗を流す
恵山温泉旅館。  300円と格安   木の湯船がいい感じでした
P1090251-1024.jpg P1090254-1024.jpg 




ここまでは最高の1日だったのですが、ここを出てすぐのこと。
左からコツッ コツッと異音がし始める
降りてタイヤをみてみると、ネジがタイヤに刺さっている
どのくらいの長さのネジか少しづつ抜いてみると、プシュプシュ漏れ始めてしまう。
こりゃ駄目だ。仕方なくネジを締め込み直して、ゆっくりと走り始める
P1090257-1024.jpg 

幸い1kmほど走ったところに自動車修理屋があり、修理してもらうことが出来ました
こんな田舎ですぐに見つかってラッキーでした。
P1090270-1024.jpg 

こんなのが埋まってました。
P1090260s.jpg P1090267-1024.jpg 

ドリルで穴を丸くし、ゴムを埋める(中で広がって空気圧で密閉できるそうです)
1500円
P1090266-1024.jpg P1090268-1024.jpg 
ついでに、いろいろ話をしていたら、この辺でもは出るし、怖いのは鹿、馬が突然道路を横切ることがあるそうです。
昨年は店の前でバイクと鹿がぶつかり、バイクは廃車、人は幸い怪我で済んだそうです。


道の駅 なとわ・えさんまで戻り、登ってきた恵山を眺めながら休憩
P1090271-1024.jpg 

函館へ向けて出発。 遠くに見えるのが函館山
P1090277-1024.jpg 

5時15分。函館山で夜景を見るつもりで行ってみると、午後5時から10時までは交通規制で登れず。
パンクで遅くなってしまい、予定がずれてしまいました。
ロープウェイで登ってまで見る気にもならないので夜景は中止。 ちなみに往復1200円。
P1090297-1024.jpg 

本日の宿泊地
すぐ近くの「立待岬の駐車場」 しっかりしたトイレあり。
ここは夜8時から次の日の朝6時まで交通規制で入れません。
一旦入ってしまえば追い出されることはありません。
P1090308-1024.jpg P1090302-1024.jpg 
P1090320-1024.jpg 

函館市街の夜景
P1090324-1024.jpg 

おまけ
昨年来た時も食べたのですが、セイコーマートのカツ丼。 
これが安くて美味しいのです。
P1090322-1024.jpg 

明日は 函館山トレッキング予定。








関連記事
コメント
No title
恵山:楽しそうな山ですね。行きたいですね。
2014/09/03(水) 09:16 | URL | 石 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
153位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: