”のんびり一人旅” 

東北21

                    最終日:帰宅        
2014-06-04 (水) 21日目 天候:曇
 ■ 本日の訪問地   
2014-06-04q.jpg 
   1 帰宅

―出発――到着―走行距離
宿泊地道の駅 みょうぎ
群馬
自宅
距離(km)110879111165286
電圧(v)12.4

5:30 起床
 昨夜は室温がなかなか下がらない。 午前3時に温度計をみるとまだ25度
P2410001-1024.jpg 


6:00 出発
今日は一気に自宅まで。  妙義山はガスの中
P2410004-1024.jpg 

途中休憩 山梨 道の駅 南きよさと
ここは落ち着いていて車中泊にはゆっくりできそうで良い。
P2410010-1024.jpg P2410011-1024.jpg 

遠州の田んぼ。 21日前より明らかにのびているなぁ~
P2410024-1024.jpg 

午後2時10分 自宅到着 286kmのドライブでした
 無事故無違反で無事に帰ってきました。
 よう言う、旅から帰ってくると「やっぱりうちが一番いいねぇ~」って気分です。

 21日間留守にしたので、海水魚が心配でしたが、無事 気に泳いでいました
 庭の野菜たちも順調に生育中。 

 ふーっ どっと、疲れています。 今日はよく眠れそうです。
 次回はたぶん 8月末 北海道かな。
P2410025-1024.jpg 

トップページ
2014-05 東北旅行トップへ
関連記事

東北20

                    龍王峡        
2014-06-03 (火) 20日目 天候:曇   
 ■ 本日の訪問地 

2014-06-03qq.jpg 
   1 栃木 龍王峡
   

―出発――到着―走行距離
宿泊地龍王峡駅市営駐車場
栃木
道の駅 みょうぎ
群馬
距離(km)110739110879140
電圧(v)12.4

今日は目覚めがあまり良くない
朝6時 隣で野宿していたバイクが30分ほど前に出発して行った。
名古屋から来ていてこれから北海道まで行くそうだ
P2400004-1024.jpg P2400005-1024.jpg 

龍王峡ハイキング 午前7時出発
 ここから川治湯本駅までハイキングコース(約8~9km)を散策し、電車で帰ってくる予定
P2400010-1024.jpg 

入り口が解りにくかったが一番左の鳥居がそうだった。
P2400008-1024.jpg 

鳥居をくぐって出発
P2400012-1024.jpg 

まずは川の近くまで九十九折りを下ってゆく
P2400014-1024.jpg P2400016-1024.jpg 

虹見橋が見えてくる
P2400021-1024虹見橋 

五龍王神社虹見の滝
P2400022-1024五龍王神社 

虹見の滝
P2400020-1024虹見の滝 

こちらは竪琴の滝
P2400028-1024竪琴の滝 

さていよいよ虹見橋を渡って、本格的な散策
P2400030-1024.jpg 

川から2~30m?程上に作られた遊歩道を歩く。
P2400035-1024.jpg 

その為、どこまで行っても水の音は聞こえても、林の中で川がまともに見えない
P2400035-1024-1.jpg 

ここにも池があり、サンショウウオがいるとの看板
P2400042-1024-1.jpg 

探してみると間違いなくこれはサンショウウオだ
P2400042-1024-2.jpg 

道中に何箇所か開けた場所があり、そこからの眺めです
眺め自体はきれいなんですがねぇ~。 川が大きすぎて好みとはちょっと違うんだなぁ~
P2400050-1024.jpg 



P2400057-1024.jpg 

花菖蒲(花弁の中心部が白い) 
ちなみに、黄色いのはカキツバタ            名前が解らない
P2400057-1024-1.jpg P2400058-1024.jpg 

こちらはアヤメの群生
P2400060-1024.jpg 

花弁の中心部が文目状になっているから アヤメ。
P2400062-1024.jpg 

むささび橋を渡って元の岸側へ移る
P2400065-1024.jpg 

が、また林の街道を歩くことになり、渓流が木々で見えない
P2400079-1024.jpg 

甌穴 渓流にはつきもので 水面よりかなり上にあることからかなり昔に作られたものとのこと
P2400091-1024.jpg 

白石へ到着 全行程の2/5くらいの位置
P2400094-1024.jpg 

予定では川治湯本駅まで行くつもりだったのだが、やけに体がしんどい。
この先の道中も林の中ばかりのようだし、無理をせずにここで引き返すことにする
P2400096-1024-1.jpg 

咲き終わった後の水芭蕉
(もう可憐な面影はありません)             名前はわからない(あじさいの仲間?)
P2400107-1024.jpg P2400108-1024.jpg 

花を拡大して移してみると、美しいではないか!
P2400111-1024.jpg 

午前11時 駐車場まで戻る 約4時間の~~びり歩いてきた
残念ながら、ここは川をかなり上から見るコース(それも数か所)で、期待した渓谷ではなかった
渓谷歩きというより林歩きといった感じでした。
P2400125-1024.jpg 










どうやら エネルギーを使い果たしてしまったようだ
さて次はそこへ?と、いう意欲が湧いてこなくなってしまった。
今日を最後にして、帰ることにしよう

途中あぶなくウトウトするとこだった。 すぐに止めて小休止。
P2400126-1024.jpg 

本日の宿泊地 群馬県 道の駅みょうぎ
 目も前に見えるのが妙義山です
P2400135-1024.jpg 

●●●次の日へ●●●


関連記事

東北19

                    木ノ俣渓谷、沼ッ原湿原
2014-06-02 (月) 19日目 天候:晴れ
 ■ 本日の訪問地   

2014-06-02q.jpg   
   1 栃木 木ノ俣渓谷
   2 栃木 沼ッ原湿原
  

―出発――到着―走行距離
宿泊地道の駅 明治の森、黒磯
栃木
龍王峡 市営駐車場
栃木
距離(km)110633110739106
電圧(v)12.4

起床5:30
 今日はここの木々の消毒作業をするとのことで、起こされて移動。

消毒作業中                    天気は今日も快晴
P2390001-1024.jpg P2390002-1024.jpg 

このブログをご覧になっていただいている方には、毎日毎日同じような写真ばかりとお思いでしょうが、今日も渓谷湿原です。
好きなんでしょうがない。


本来、今日は塩原渓谷を歩く予定だったのだが、昨日通ってきて渓谷の上を車がブンブン走っているのところは気が進まず、この辺りでよさそうな場所へ行ってみることにした
 那須岳の南側山麓にある木ノ俣渓谷(きのまた)行ってみることに。
P2390009-1024.jpg 

かなりマイナーな所なのでさして期待ぜずに散策開始
P2390010-1024.jpg 

しかし、思ったよりもいい感じ。 やはり観光地化さてないところの方が静かでいい
P2390013-1024.jpg 

吊り橋も適度な高さで怖くない
P2390020-1024.jpg 

P2390021-1024.jpg 

水がとにかく透き通って美しい。 橋の影で手を挙げているのは私です
P2390023-1024.jpg 

途中、こんな感じで通行禁止になっていたが、ここは自己責任で前に進む
P2390025-1024.jpg 

左岸の石の崖から大岩が崩れて落ちてきているようで、石が皆 どでかい。
前方には渓流釣りを楽しんでいる方がいた。
P2390038-1024.jpg 

エゾゼミがうるさいくらいに鳴いている
P2390039-1024.jpg 

これ以上は行けない所で引き返し、今度は駐車場を超えて上流へ行ったみた。
下界の猛暑が嘘のようにしばらくいると半袖ではちょっと寒い感じ
P2390050-1024.jpg 

水面一面に新緑が映っています。 美しい
P2390063-1024.jpg 

イワナ、ヤマメがいるのか。
P2390058-1024.jpg 

綺麗な水色をしてました

P2390060-1024.jpg 

川面近くまで降りてきて、魚を探してみると、 なんといるわいるわ
ヤマメです。
後で聞いたら放流しているのでいて当たり前なのだが・・・
P2390088-1024.jpg 



そう この写真内だけでも50匹はいただろうな。
P2390059-1024.jpg 

川に落ちてくるを待ち構えていて、他の魚が来ると攻撃をしています。
テリトリー意識が強いのですねぇ
P2390100-1024.jpg 

更に上流はこんな感じで沢登りをしながら登っていったらら楽しそうだが、私は行けない。
P2390103-1024.jpg 

こんなひっそりとした渓谷が好みだなぁ~
P2390112-1024.jpg 

場所はここ 赤丸のとこ。住所は下段に出ています 
さらに山を車で上がって「沼ッ原湿原」(ぬまっぱら)へ行く。
P2390118-1024.jpg 

前方に見えるのが那須岳   ここも、去年の秋に紅葉見に登ったっけ。
P2390120-1024.jpg 

沼ッ原湿原到着 ここは標高約1300m。 昨日の駒止湿原より200mほど高い
ここで行きどまりの場所だし,誰もいないだろうと思って来たら、たくさん来てました
P2390129-1024.jpg 

もうおなじみのクマのマークですが、見慣れても、油断してはいけません
P2390133-1024.jpg 

日差しは強いものの高度が気温を下げてくれているのか、さほど暑くはない
ここはブナではなくミズナラが圧倒的に多い
P2390138-1024.jpg 

湿原まで降りてくると立派な案内板
P2390144-1024.jpg 

ぐるっと一周してきます。 スタスタ歩くと1時間程度のようです
P2390145-1024.jpg 

P2390146-1024.jpg 

爽やかな風が心地よかったです。
ただ、花には時期が早くあまり咲いてはいません
P2390150-1024.jpg 

木道の途中に看板が。
 クロサンショウウオ          モリアオガエル
P2390150-1024-2.jpg P2390150-1024-3.jpg 

干上がりそうな水たまりです。
P2390152-1024.jpg 

その中にはオタマジャクシが うじゃうじゃ集まってきています
酸欠で死んでしまうか、水の量が減って死んでしますか瀬戸際の状態です。
P2390153-1024.jpg 

いたるところの水たまりがこんな状態でした。
クロサンショウウオズっ~~~~~と探していたのですが、なかなか見つからない
出会った人に聞いてみるといい情報入手。、一度通ったところへ引き返し探してみた。 んっ これがそうかも。
というのは、同じとことな明らかに腹の赤いイモリがいたので私にはこの写真では区別がつかない。
P2390153-1024-2.jpg 

これはクロサンショウウオの卵 同じところに卵があるのだからきっといるはず。
モリアオガエルはお目にかかることができませんでした
P2390162-1024.jpg 

花はこのハルリンドウくらいしか咲いていませんでした
P2390155-1024.jpg 

これは昨日覚えたコバイケイソウ
P2390167-1024コバエケイソウ 

帰りはカラマツの林を抜けて行きます
P2390171-1024カラマツ 

また、湿原のすぐ横に池があります。
揚水発電の貯水池とのことです
P2390197-1024.jpg 

夜間電力で下の池から上の池に揚水している
P2390200-1024.jpg 

池といっても湖のように大きいです
P2390202-1024.jpg 

駐車場には後から来た車があります。 結構 人気なんだ。
約2時間半の楽しい散策でした
P2390205-1024.jpg 

ひと風呂浴びに。


栃木 道の駅 湯西川で温泉。 510円
こは3年前にも入ったはずなのに全く思い出せない
で、係りの人に改築しました?と、問い合わせと もう7.8年変えてないとの事
自分の記憶の消滅の速さに驚嘆してしもうた。

そうそう、3日前はどこに行ったかと、自問自答しても出てこないことが多いし。

P2390215-1024.jpg P2390217-1024.jpg 

本日の宿泊地 栃木 龍王峡の市営駐車場
近くにはコンビニがない。 明日の昼食のおにぎりどうしよう。

食堂で 山菜そばセット(1000円)
P2390230-1024.jpg P2390230-1024-1.jpg 

ここは風が通るので暑くなくて適地  龍王峡駅の前なのでトイレもあるし静かだし。


P2400002-1024.jpg

明日はここ龍王峡ハイキングです。
P2390234-1024.jpg 

●●●次の日へ●●●





関連記事
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
184位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: