”のんびり一人旅” 

四国06 四万十川

2012-10-19(金) 6日目 天候: 快晴
  • 四万十川沈下橋巡り  
  •   長生沈下橋
  •   岩間沈下橋
  •   勝間沈下橋
  •   三里沈下橋
  •   佐田沈下橋
  • 温泉 四万十いやしの里
  • 足摺岬
 出発 到着 走行距離
 宿泊地道の駅 四万十とおわ足摺岬駐車場
 距離(km)9102691135109
 電圧値(V)12.4

コース(クリックで拡大)
コース06 

2日ほどに見舞われたが、今日は驚くほどの快晴

 道の駅:四万十とおわ 朝7時         すぐ裏手に流れる四万十川
P1220007.jpg P1220004.jpg 

車中泊情報
ここはとてもいい所です。
国道に面していますが、夜はほとんど通らない。
また、ウォシュレットトイレがありがたい。 
お土産の種類も豊富。
P1220016.jpg 

今日は四万十川(全長196km,沈下橋数47)を
下流に向けて「沈下橋」巡りです(半分から下流へ)

P1220019.jpg 

長生(ながおい)沈下橋(昨年2011に一部落下)
中央の白い部分が落下個所とのこと。
P1220021.jpg 

走行中動画




岩間沈下橋

 以前は佐田沈下橋がパンフレットの表紙を飾ることが多かったらしいですが、

 最近はもっぱらこの岩間沈下橋に王座を奪われたそうです。

ちなみに パンフレットを左手で持って撮って見た。

 間違いなくここから撮ったんだ。

P1220069.jpg 


最先端の 瀬戸大橋やら、レインボーブリッジとやらも美しいが、

このシンプルな美しさにはかなわないと思った。
P1220038.jpg 

P1220037.jpg P1220039.jpg 

P1220043.jpg P1220048.jpg 

                           昨日、一昨日の雨で濁り気味とのこと
P1220051.jpg P1220041.jpg 

いつまでみていても飽きない。



つぎの沈下橋へ向かう            愛媛から来た方にみかんをもらう。
                          静岡人としてはみかんライバル
                          敵ながらアッパレ。すごく甘くておいしい。
                           
P1220030.jpg P1220049.jpg 

次の沈下橋へ向かう途中に近代的な橋「かよう大橋」
P1220085.jpg  P1220071.jpgP1220082.jpg P1220081.jpg 

つづいて勝間沈下橋
P1220095.jpg P1220110.jpg 
 
これまた、絵になる
P1220096.jpg 

歩いて渡ってみた
P1220098.jpg P1220099.jpg 

P1220102.jpg P1220101.jpg 

脇から入ってくるの支流の水のきれいだったこと。   沈下橋中央からの眺め
P1220104.jpg P1220106.jpg 





そろそろ 腹が減ってきたので昼食をと思っていると

「かわらっこ」という キャンプ場があった。ここはカヌーもできる。

そうだ、ここでお弁当を河原で食べよう。     300円と安い!
P1220119.jpg P1220117.jpg 

これまた安い(川えびの甘辛煮)←おばちゃんによると一番人気だそうだ。      
P1220116.jpg P1220129.jpg 

 河原に着てみるとすごい数の鯉のぼり

 後で聞いてみたら、ドラマの撮影があり、今は特別に飾っているとのこと。
P1220122.jpg P1220147.jpg 

大自然の中、真っ青な空の下、川のせせらぎを聞きながら食べる弁当は格別。

周りを見渡しても、人間の姿は全く見えない
P1220131.jpg 




さて、満腹になったところで次の沈下橋へ
三里沈下橋
P1220151.jpg
 

ここは川幅が広く、水の流れはゆっくり。
P1220154.jpg 

観光用の屋形船があった。 

四万十川では全部で6,7箇所で船に乗るところがある。

昨日までは乗船するつもりだったが、沈下橋の真ん中に立って川を眺めていると

船に乗った気分になれたので、やめにした。 どこも乗船料金は¥2000
P1220157.jpg P1220155.jpg 

P1220156.jpg P1220160.jpg 



さて いよいよ最後は佐田沈下橋 

沈下橋の中では最も長く幅も広い
P1220151.jpg P1220161.jpg 

橋脚の青い色も美しい堂々たる姿だった。

中央には2箇所、車がすれ違えるように部分的に広くなっていた
P1220172.jpg

歩いてわたって、後で車でも渡ってみた。
P1220162.jpg P1220166.jpg 

この橋の路肩はほとんど落ち止めの段差がない。 

うっかりすると落ちてしまわないか?
P1220167.jpg P1220179.jpg 

ちょうどタクシーで廻って写真を撮っていつ方がいて、

そのタクシーの運転手さんに聞いてた話では

実際に台風シーズンはしょっちゅう沈下するとのこと。

実際、写真(左)の右側、写真(右)の突き当たりの堤防を越えたこともあるそうだ。
P1220175.jpg P1220180.jpg 

単に沈下橋といっても、周りの風景、川の様子が異なるので

それぞれの橋で異なった趣があり、実に楽しめた。



これで沈下橋は終わり。

四万十川の水が太平洋へ放たれる河口近くにある温泉へ向かう
P1220196.jpg 

ここで四万十川は太平洋へ繋がり、196kmの旅が終わる。
P1220216.jpg P1220218.jpg 




四万十いやしの里(日帰り温泉)

ちっちゃな幸せ。

15時までは通常630円が500円のサービス帯。

着いたのが14:54。 セーフ
P1220205.jpg P1220204.jpg 

さっぱりして 今日の最後のイベント。 

足摺岬からの夕陽。 雲ひとつない快晴だけに期待が高まる。
P1220232.jpg 

なんとか日の入りには間に合った。展望台へ向かう。
P1220239.jpg 

が、 なんてこった。

山が邪魔して、水平線へ沈む太陽が見えないではないか!

がっくり。

居合わせた人に聞いてみると、来月にならないと

海に沈む夕陽は見れないとのこと
P1220240.jpg 

足摺岬の灯台                 東方面の景色
P1220241.jpg P1220245.jpg 

なんと風情の欠片もない。 

山と建物に邪魔されたまま、陽は沈んでいった。
P1220251.jpg 


が出ていたので、最大ズームで撮って見たら、

なんとクレーターが見えるではないか。
P1220260.jpg 





本日の宿泊地
足摺岬の駐車場。近くにトイレあり。
明日は早起きしてL朝日をみるど~~~~~~~っ。
日の出 6:10分
P1220267.jpg 


関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
184位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: