”のんびり一人旅” 

東北(青森)06

編集完了(6/8編集)

2011-05-25(水)大槌町 個人宅の床下砂利除去作業

 昨日のお宅のつづきと次のお宅の作業。

昨日と本日の支援作業をしたお宅で今日も昼食を出していただいた。
一昨年の米とのことだが、周りに味噌を付けて焼いたおにぎりは絶品。
昼食時にメンバーと一緒に話をする中で、福岡、倉敷、愛知、三重、東京、磐田から
来たことを話していると、涙を流されていた。
 この奥さんは地震後に小4の娘を学校にむかえに海方向に向かって
自転車で走らせていると、前方から土ぼこりを上げながら、波が家々を
壊しながら、自分に向かって来たとのこと。 
ちょうど高台のお寺?があり、とっさに自転車捨てて駆け上がり、難を逃れてた。
あと1分その場を通りかかるのが、遅くても早くても波に呑まれていた
その3日後に、やっと娘とおばあちゃんが無事だと確認がとれ、
自宅に戻れたのこと。
生き残った人のほとんどはこんな運に助けられているようだ。
300kmの海岸線沿いに こんなドラマが一斉に発生をしていた。

今日は昨日のつづき作業に来れるとわかっていたので、持ってきた「うなぎパイ」を
娘さんにと渡す。 うなぎパイ! 知ってるとのこと。
改めてうなぎパイの知名度の高さに驚いた。



 慣れない作業、環境にかなり疲れが取れず、胃の調子がちょっとおかしい。
明日までの予定であったが、今日で活動を終了することにした。
ボランティアは自己管理が最も重要、無理をして逆にまわりに迷惑をかける事態
を引き起こすことが最も不適格者である。
まだまだ、活動は長期戦の模様。

ボランティア現場は破傷風に対し、非常に過敏になっている。
ちょっとの切り傷でも、病院へ行って対処の為、注射をしているとのこと。



遠野まごころネットでは、すべての人がボランティアであり、参加者の意見を反映させ、改善しながら運営している状態である
「よりそう」という、手書き新聞をつくって毎日の参加者人数や同士の交流も行っている。
本当に驚くことに、南は沖縄から、北は北海道まで全国から集まっている。
本日も200名あまり。話してみると半分近くは定年退職者。
中年パワーでも十分 力になれる。
このように個人ボランティアの受け入れ組織を作った方々には頭が下がる。


ちょっと気が付いたことがあったので本誌に載せてもらい、今回の活動を終了した。
よりそう

 明日はとにかく洗濯せねば着るものがない



関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
212位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: