”のんびり一人旅” 

東北08 陸前高田 南三陸 気仙沼

 2013-10-13 (日)  8日目 天候:晴れ
 ■ 本日の訪問地(宮城県、岩手県) 
 ・南三陸
 ・気仙沼
 ・陸前高田
―出発― ―到着― 走行距離
宿泊地 石巻
道の駅 上品の郷
釜石 -
距離(km) 102426 102603 177
電圧(v) 12.2 - -


本日のコース
10-13 釜石z 

起床7時 快晴。

日曜(三連休中日)とあって、混雑。 車はほとんど他県の車。

ここでも地元のおやじさんと話をすると、家を流されこの地域に来ているとのことだった。

30坪の土地を買って、自分で家を建てて、今日ガス屋が来るとのこと

妻を亡くしてから、毎週日曜は 女川へ墓参りを続けておられるとのこと
P1910007z.jpg 

8:30 三陸海岸を北上開始
P1910011z.jpg 

南三陸。 ガレキはきれいになくなっている。

遠くに鉄骨だけが残った「災害対策庁舎」が見えてくる。
P1910039.jpg
 

ここは女性職員が、最後の最後まで住民避難を放送していて 津波にのまれてしまった所。

着いた時には観光バスが2台来ていた。

いつもおしゃべりな観光客のおばちゃんらもさすがに、沈黙。

この建物を 目の前にすると言葉が出ない。
P1910049.jpg 

お線香とわずかばかりの見舞金を収めてきた。

さすがに、息が詰まる心境になった。
P1910052.jpg 



三陸海岸沿いの国道には下の写真のような看板が多数 設けられていた。

実によいアイデアだ。 

多くの人が何度も目にでき、後世まで確実に残せる

P1910063.jpg 

P1910068.jpg 

また、道沿いにはこのような仮設住宅の道案内がいくつも目につく。
P1910067.jpg 

さらに北上して気仙沼に。
P1910107.jpg 

車を降りて歩いてみた。

ここもガレキこそきれいに片付いているが、基礎だけの区画が広がっている。

どんな家がたっていたのだろう。 どんな方が住んでいたのだろう。

生々しすぎる。
P1910119.jpg 

仮設住宅予定地整備中。 向こう側が海。 
P1910124.jpg 

三陸鉄道はまだ不通。 来年4月貫通を目標にしているらしい。

曲がってしまったままの線路
P1910134.jpg 

テレビで見てびっくりした あの巨大船の解体作業が行われていた。
P1910127.jpg 

残すべきか、解体すべきか議論になったが、気仙沼の住民は解体を選択した。

目の前にしてみると、私も解体に賛成しただろうと思った。

この巨体が住宅地の目の前にあったら、つらすぎる。
P1910141.jpg 
P1910143.jpg 



さらに 北へ。 陸前高田「奇跡の一本松」へ。

海岸沿いは堤防建設中。 駐車場から歩いて8分。
P1910165.jpg 

P1910175.jpg 

P1910176.jpg 

一本松から北の海岸を見ると、根元から折れた松がまだ残っている。

この先に7万本もの松原が続いていたとは・・・。
P1910174.jpg 

奇跡の一本松の駐車場から内陸を見た写真。

陸前高田では遠くに見える山の近くに7mほどのかさ上げをし、住宅にする予定とのこと。

現在,盛土が行われている最中である。
P1910184.jpg 

つついて、2011年5月にガレキの撤去作業をお手伝いした田んぼがどんな状態になっているか見に行ってみた。

陸前高田の米崎町
2013年10月13日(今日)              2011年5月
うれしい
ことに今年は米の収穫ができたようだ
P1910202 2013  P1910202 2011  

陸前高田の小友町
2013年10月13日(今日)              2011年5月
こちらはまだ土壌の入れ替え?中だった。
ガラスなど手作業でないとできない除去作業をしたが、結局 塩害で土の入れ替えが必要だたのかもしれない
※後日ニュースでやっていたが、地盤沈下によるかさ上げ(土砂入れ)と効率的な区画整理も同時におこなっているそうだ

P1910219 2013 P1910219 2011 

2013年10月13日(今日)              2011年5月
P1910230 2013 P1910230 2011  

2013年10月13日(今日)              2011年5月
P1910223 2013 P1910223 2011

2013年10月13日(今日)              2011年5月
道路は舗装が完了し、走行に問題がない状態になっていた。
P1910218 2013 P1910218 2011 

本日の宿泊 釜石市

P1910288.jpg


今日は1日 いろいろと考えさせられる日だった。

道の駅であったおじさんが言っていた。

「津波は瓦礫をかたずければ終わるが、生活の津波はこれからずっとだ。」

「みんな借金だらけなんだ」

確かに観光で買い物をすれば、わずかながらプラスになるだろうが、かたや生活をつなぐ為、 かたや所詮「遊び」にきているのだ。

    ●次の日●    ●東北旅行トップ●



関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
184位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: