”のんびり一人旅” 

山陰山陽12

                    奥匹見峡、表匹見峡  
2015-04-21 (火) 12日目 天候:快晴
 ■ 本日の訪問地 
   1 島根 奥匹見峡(おくひきみきょう)
   2 島根 表匹見峡(おもてひきみきょう)

―出発――到着―走行距離
宿泊地島根 道の駅
サンエイト美都
島根
匹見中央公園
距離(km)11831611835539
電圧(v)12.2

本日のコース
4-21.jpg 

起きたばかりはまだ空は曇り空。 少々肌寒い。
昨日 バリバリに繋がった無料WiFiの19時で切られてしまった。
P1520002-1024.jpg P1520005-1024.jpg 

9時頃になって 待ちに待った青空になり、出発。
P1520015-1024.jpg P1520019-1024.jpg 

まずは 奥匹見峡散策 です。
P1520027-1024.jpg 

1.2 km先の 大竜頭まで川沿いに登ってゆくコースです
P1520009-1024.jpg 

あれっ ここもがでるの~~~。
駐車場には1台も車は停まっていません。とほほっ
P1520030-1024.jpg P1520032-1024.jpg 

念のため 鈴とホイッスルを持って散策開始です。
P1520033-1024.jpg P1520043-1024.jpg 

昨日までの雨にもかかわらず、水は透き通っています
P1520045-1024.jpg 

青空だと何もかもが綺麗に見えますねぇ。 
P1520057-1024.jpg 

新芽の緑も輝いています。 気分もだんだんハイになってきます
P1520055-1024.jpg 

しばらくして気がついたのは、ここは倒木がやけに多く感じました
この木なんて どうして幹の中間から折れてしまったのだろうか?
じゃないよな~ などと心配しながら先へ。
P1520060-1024.jpg 

こちらは長年しがみついていた岩から根が剥がされています。
P1520065-1024.jpg 

青森の奥入瀬は上品さを感じたが、ここは少々ワイルドな感じ。
おそらく傾斜が急なせいだろう
P1520069-1024.jpg 

遊歩道はよく整備されていて、危ないところはない。
P1520075-1024.jpg 

奥に入ってゆくに従って、さらに景色が良くなってゆく
P1520080-1024.jpg 

小龍頭。 岩の向こうに滝があるのだが とてもじゃないが怖くて覗けなかった
写真では写っていませんが、いるのは結構な高さの岩の上です。
P1520095-1024.jpg 

ここはシャクナゲでも有名らしい。 
5-6月が見頃。             つつじの芽
P1520116-1024.jpg P1520110-1024.jpg 

過去に 因縁の戦いをした2本の木。 どうやら共存の道を選んだようだ。
P1520128-1024.jpg P1520127-1024.jpg 

天気も気候も良い中 こんな風景を見ていると幸せになります
P1520130-1024.jpg 

昨夜までの雨で、水かさが増しているようです。 
階段にも水が流れています
P1520135-1024.jpg 

こちらは階段ではなくです。
P1520138-1024.jpg 

お~~っ。 こんなところまで登って行けるなんて 感激!
P1520140-1024.jpg 

ワクワクさせてくれますね~
P1520144-1024.jpg 

いつも感じるのですが、こうした道を作るには相当な労力と根性が必要でしょうね。
なんせ資材は手で運んでくるしかないのですからね~
こうして、楽しませてもらえて、作業された方々に感謝です。
P1520143-1024.jpg 

さて、この階段を登り切ると、夫婦滝と大竜頭(三ノ滝)です。
P1520146-1024.jpg 

が、途中に 夫婦木っていうのがありました。
こちらは完全に根本右側の木(アセビ)が貫通して左に出ています。
P1520155-1024.jpg P1520157-1024.jpg 

お~これが大竜頭(三の滝)か~。 落差は50m
ここも水量が多いせいか、パンフレットの写真より豪快に流れていました
P1520168-1024.jpg 

ここから登ってきた階段の反対側に夫婦滝への下り階段があります
P1520175-1024.jpg 

夫婦滝。 大竜頭の滝壺から2方向に別れ、この滝に繋がっています
後で出てきますが、昼食を取ったのはこの崖の上です。
P1520179-1024.jpg 

再び、大竜頭へ戻ってきました。
いつものバックショットを記念に撮っておきました
P1520180-1.jpg 

ここでおにぎり昼食。 空気もきれい、飯もうまい
P1520189-1024.jpg 

バッグの置いてある左右の水が夫婦滝となって向こうへ落ちてゆきます
すぐ向こうは崖ですので、ちょっと怖いところでの昼食でした。
妙にが気にかかって、背中側は安全な場所にしました
P1520191-1024.jpg 

大満足したところで、引き返します
P1520199-1024.jpg 

結局、誰にも合わず。 駐車場も私の車だけでした。
こんな素晴らしい渓谷なのになんでだろう。
P1520209-1024.jpg 

あちこちの渓谷歩きをしてきましたが、ここ奥匹見峡は5本の指に入るお気に入り渓谷でした。

さてつぎは 表匹見峡 へ向かいます
P1520212-1024.jpg 

途中の田んぼの風景です。
畦一面を花で飾ってありました。 
こんなに花に囲まれていたら農作業も楽しいかも。
P1520214-1024.jpg P1520216-1024.jpg 

表匹見峡は 遊歩道がありません
ただ、この車道は、本道はトンネルで迂回してますのでほとんど車は通りません
道路脇に車を止めて、眺めの良さそうな場所を5kmほど歩いてみました
P1520220-1.jpg 

奥匹見峡に比べ川(匹見川)幅の広く、ながれも緩やかです。
P1520221-1024.jpg 
P1520234-1024.jpg 
P1520233-1024.jpg 
P1520239-1024.jpg 

十畳岩とありましたが、謙虚な命名です。 私の目には十六畳岩でした。
P1520242-1024.jpg 
P1520244-1024.jpg 

車道といっても バカ道幅の広い歩道と言ってもいいでしょう
P1520245-1024.jpg 
P1520248-1024.jpg 

3~40分歩いたところで、Uターンして戻ります
P1520256-1024.jpg P1520265-1024.jpg 

今日は 今までのウップンを晴らす一日になりました
心地よく 匹見峡温泉 やすらぎの湯(617円)で汗を流しました
P1520268-1024.jpg 

おまけ。 どうも充電が切れたり入ったりしていたので、チェックしたらここの接触不良でした。
修理してこれでバッチリ。
P1520270-1024.jpg P1520272-1024.jpg 

ついでに 昨日までのジメジメを乾燥
P1520274-1024.jpg 

ここで宿泊しようと思ったのですが、屋外トイレがありません。
で、 近くの匹見中央公園へ移動して宿泊することにしました。
オムニのテニスコートが4面もありました。
P1520285-1024.jpg 

あ~~ 今日は楽しかった
ついつい景色がよくて長々したブログになってしまいましたが、
最後までお付き合い頂きありがとうございました

明日は 匹見峡散策予定です。
ここ匹見峡には 奥、表、裏とあります。

  2015-04 山陰山陽旅行まとめ へ戻る







関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

靜岡のおっちゃん

Author:靜岡のおっちゃん
静岡のおっちゃんです

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
よりそう
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
184位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブログランキング
車中泊のブログがいっぱい
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
総閲覧者数
オンライン
現在の閲覧者数: